日本赤十字社 釧路赤十字病院|公式サイト

文字サイズ:

文字サイズ[小] 文字サイズ[中] 文字サイズ[大]
Japanese Red Cross Society

臨床研修|日本赤十字社 釧路赤十字病院

外来診療表|休診のご案内

診療科のご案内

医療相談について

地域医療連携

地域包括ケア病棟

居宅介護支援事業所

訪問看護ステーション

健康診断 人間ドック

病院指標

全館禁煙のご案内

携帯電話のご利用について

病診連携広報誌ねっとわーく

メディネットたんちょう

医学生の見学について

下記の4項目を明記の上、メールにてお申し込み下さい。

1. 希望日時

2. 希望診療科

3. 宿舎使用の有無(無料)
  ※職員宿舎の空き部屋をご利用いただくため、石けん、タオル等はございません。

4. 面接試験希望の有無

E-mail : suishin@kushiro.jrc.or.jp

処 遇

初期臨床研修プログラム概要

基本研修科目:内科、救急部門(麻酔科、救急当直)、地域医療、地域保健
選択必修科目:外科、小児科(NICUを含む)、産婦人科(MFICUを含む)、精神科
●研修協力病院
小清水赤十字病院、清水赤十字病院、釧路労災病院、市立釧路総合病院、北見赤十字病院、北海道大学病院、旭川医科大学病院
●研修協力施設
北海道釧路保健所(地域保健)、釧路市夜間急病センター(救急宿直)

■ ローテイトの方式
【1年目】
内科(6ヶ月)救急部門(麻酔科1ヶ月協力病院にて、救急当直2ヶ月)救急当直の2カ月分は、2年間で40回の救急当直(但し、協力型臨床研修病院として1年目のみを研修する場合については1年間で40回の救急当直を実施する。)
選択必須科目4ヶ月は外科、小児科、産婦人科、精神科より2科目以上選択で修了可能とするが、4科すべてを経験するのが望ましい。精神科は当院もしくは協力病院にて研修を行う。(要相談)
【2年目】
地域医療1.5ヶ月(但し、地域医療研修の1ヶ月は小清水赤十字病院または清水赤十字病院、0.5ヶ月は北海道釧路保健所で行う。)
選択自由科目10.5ヶ月:釧路赤十字病院、釧路労災病院、市立釧路総合病院、北海道大学病院、旭川医科大学病院の研修可能な標榜科において、いずれかの病院にて研修を行う。

研修医、研修科がなるべく重ならないようにする。
二年次の選択科は希望する科であり、複数科にまたがって研修することも可能。

■ 当直・救急当番

1年目、2年目とも、月4回程度主にローテイトしている科の当直医師として、上級医とともに全館当直、釧路市夜間急病センターの当直を行う。

病院施設番号 031088
プログラム名称 釧路赤十字病院臨床研修プログラム
協力型病院 小清水赤十字病院・清水赤十字病院・釧路労災病院・北海道大学病院
旭川医科大学病院・北見赤十字病院・市立釧路総合病院
協力型研修施設 救急:釧路夜間急病センター、地域保健:釧路保健所
募集定員 3名

研修スケジュール(例)

3年目以降の専門医研修について