看護部長挨拶

kangobutyo.png  釧路赤十字病院は昭和20年に創設され、釧路管内の急性期医療を担う中核病院として地域医療の充実に努めてきましたが、地域包括ケアシステムの構築が推進されたのを機に、平成27年に地域包括ケア病棟を開設しました。
 急性期医療はもとより総合周産期母子医療センター、小児救急拠点病院、精神科等の当院の特徴を活かし、以前より併設されている居宅介護支援事業所と釧路赤十字訪問看護ステーションと連携を強め、幅広い年齢や疾患の患者さんが住み慣れた場所で安心して暮らせるよう看護サービスを提供しています。
 看護部では「患者様一人一人が安心され、安らげる、質の高い看護を提供する」という理念を具現化するために看護師の教育に力を入れています。
 「赤十字施設の看護師キャリア開発ラダー」を基盤として、個々のキャリアに応じた研修プログラムを展開しており、新人看護職員臨床研修制度をはじめ、専門看護師・認定看護師による専門領域のスキルアップを目指す研修も人気です。また、赤十字の使命である災害看護は災害の情報を取り入れながら実践的な研修をしています。


看護部の理念と方針

<理念>

 私たちは、患者様一人一人が安心され、やすらげる、質の高い看護を提供します。

<方針>
  1. 患者様の権利と意思を尊重します。
  2. 安全な看護を提供します。
  3. 社会の変化に対応できる看護をめざし日々努力します。
  4. 多職種と協同し効果的に医療・看護を提供します。
  5. 地域に貢献します。
<当院の目指す看護師像>
  1. 患者の尊厳を守り心のこもった医療・看護を提供できる看護師
  2. 相手に関心を持ち想像力(創造力)を発揮して患者の生活を支援できる看護師
  3. 看護の専門職としての認識を強く持ち、良質な看護実践を目指して研鑽できる看護師
  4. 人を育み育まれる関係を築き看護を伝承していく事ができる看護師
  5. 地域医療における保健・医療・看護・福祉に携わる多職種と協働・連携し、対象者の自立支援ができる看護師
  6. 赤十字事業の実践者として社会に貢献できる看護師
  7. 多様化する社会・地域が求めるヘルスケアサービスを先見性・創造性を持って提供できる看護師

看護部の概要

看護体制
一般病棟:急性期1
地域包括ケア病棟、精神科病棟 13:1
勤務体制 変則3交代
日 勤: 8時30分〜17時05分
ロング日勤:8時30分〜21時15分
夜 勤:20時30分〜 9時20分
※その他部署の特徴に応じて早出、遅出を組み合わせています
看護方式 固定チームナーシング


看護部構造図

 
Google
文字サイズ 標準