日本赤十字社 釧路赤十字病院|公式サイト

文字サイズ:

文字サイズ[小] 文字サイズ[中] 文字サイズ[大]
Japanese Red Cross Society

部門のご紹介|日本赤十字社 釧路赤十字病院

外来診療表|休診のご案内

診療科のご案内

医療相談について

地域医療連携

地域包括ケア病棟

居宅介護支援事業所

訪問看護ステーション

健康診断 人間ドック

病院指標

全館禁煙のご案内

携帯電話のご利用について

病診連携広報誌ねっとわーく

メディネットたんちょう

受診される患者様へ

看護部長挨拶

釧路赤十字病院看護部のホームページへ ようこそ。
当院は急性期病院として、また、小児、周産期医療の道東の拠点病院として、釧路管内はもとより根室管内まで広い医療圏をカバーし、地域に密着した医療を提供するために日々努めております。 患者さんにとって最も身近で心安らぐ存在として、安全で質の高い看護サービスを提供できるよう急性期医療から在宅医療まで幅広い看護実践能力を備えた看護師の育成に力を入れています。 教育担当のスタッフを配置し、新人看護職員臨床研修をはじめ、キャリアに応じた様々な研修プログラムを展開しています。また、赤十字病院として、限りある資源を有効に活用し災害時のあらゆる状況に対応し、過酷な環境におかれた被災者の方々を、心身ともに支援できるよう、救護班要員の育成・訓練にも力を入れています。 当院の看護師には、自己に厳しく他者にやさしく、プロフェッショナルとしての研鑽を惜しまず、謙虚であることを大切にする看護師になることを期待しています。

平成28年度の看護部目標は、
1.「住み慣れた地域での生活と療養を支える」ため、外来・病棟・地域(介護・福祉)と連携し切れ目のない医療・看護を提供できる
2.安全で質の高い看護を提供するために職業生活と私生活のバランスを保ちながらキャリアアップできる
3.自律した看護師の育成
特に今年度は、切れ目のない医療・看護の提供を目指すため、地域医療連携課に看護副部長を配置し、退院支援・調整部門や他職種、他部門と密に連携し在宅での療養生活を支援します。 また、赤ちゃんから高齢の患者さん等様々な年代の方に対して質の高い看護サービスが提供できる看護部門を目指しています。

理念と方針

<理念>

私たちは、患者様一人一人が安心され、やすらげる、質の高い看護を提供します。

<方針>

1.患者様の権利と意思を尊重します。
2.安全な看護を提供します。
3.社会の変化に対応できる看護をめざし日々努力します。
4.多職種と協同し効果的に医療・看護を提供します。
5.地域に貢献します。

<当院の目指す看護師像>

1.患者の尊厳を守り心のこもった医療・看護を提供できる看護師
2.相手に関心を持ち想像力(創造力)を発揮して患者の生活を支援できる看護師
3.看護の専門職としての認識を強く持ち、良質な看護実践を目指して研鑽できる看護師
4.人材育成に対し、人を育み育まれる関係を築き看護を伝承していく事ができる看護師
5.地域医療において医療従事者と協働・連携しながらリーダーシップを発揮できる看護師
6.国内外の救護活動に貢献できる看護師
7.社会情勢や取り巻く環境に目を向け病院経営に参画できる看護師

看護部の概要

看護体制 入院基本料 7:1(平成24年10月~)
勤務体制 変則3交替制
● 日勤:8時30分~17時05分
● 準夜:12時30分~21時05分
● 深夜:20時30分~9時20分
2交替制(病棟)
● 日勤:8時30分~17時05分
● 深夜:16時30分~9時20分
2交替制(外来)
● 日勤:8時30分~17時05分
● 準夜:8時30分~20時30分
● 深夜:20時30分~9時20分
看護方式 固定チームナーシング
平成25年7月電子カルテ導入に伴い、ヘンダーソンの看護理論を基本とし、ゴードンの機能的健康パターンのアセスメント枠組みを用いて入院時情報アセスメント、初期計画立案、その後カンファレンスで評価/修正し看護を 展開します。(平成28年2月より看護診断導入予定)

看護部機構図

看護部の教育

【教育理念】

質の高い医療・看護を提供でき、また赤十字事業の推進者となる看護師を育成する。
専門職としてキャリア開発を目指し、自己成長できる看護師を育成する。

【教育の目的】

看護部の理念を実現するために、看護職員の能力開発を支援し優れた人材育成を行う。

【目指す看護師像】

・患者の尊厳を守り心のこもった医療・看護を提供できる看護師
・相手に関心を持ち想像力(創造力)を発揮して患者の生活を支援できる看護師
・看護の専門職として自覚と責任を持ち、良質な看護実践を目指して研鑽できる看護師
・人材育成に対し、人を育み育まれる関係を築き看護を伝承していくことができる看護師
・地域医療において医療従事者と協働・連携しながらリーダーシップを発揮できる看護師
・国内外の救護活動に貢献できる看護師
・社会情勢や取り巻く環境に目を向け病院経営に参画できる看護師

【教育目標】

・赤十字看護職員としての自覚をもち、人々の尊厳を守るために行動できる能力を養う。
・医療安全について、マニュアルを遵守した行動ができる能力を養う。
・看護専門職として、看護の実践力、教育力、管理力を自ら高められる能力を養う。
・医療チームの一員としての役割を認識し、専門的立場より介入できる能力を養う。
・災害発生時、赤十字救護員としての役割が遂行できる能力を養う。

【院内教育の構成と企画運営】

当院の院内教育は「赤十字医療施設のキャリア開発ラダー」に基づいて各部署が企画実施する教育(OJT)と職場外の集合教育で行われる教育(off-JT)から成り立ちます。 Off-JTには、看護部教育委員会が年間計画に基づいて主催する院内集合研修プログラムや看護部各委員会・認定看護師が主催する研修会があります。

【釧路赤十字病院におけるキャリア開発ラダーについて】

当院では、日本赤十字社で開発された「赤十字看護師のキャリア開発ラダー」を導入し、「臨床看護実践」「マネジメント」「教育・研究」「赤十字活動」の4領域における到達目標をⅠ~Ⅴのレベル別に明示することで、看護師個人が自分の意思で自律的に選択し、レベルを意識しながら能力開発を目指せるように支援しています。 キャリア開発は、個人として組織の目標の統合を図り、各人の希望に基づく看護師としての将来の目標とそのために必要とされる能力開発をすすめることです。『患者さま一人一人が安心しやすらげる質の高い看護』を提供するため、看護の質の向上と自己成長を促し支援することをねらいとしています。

ラダーレベル(実践者)
病院単位で活動できる 看護管理者 看護教員 国際活動要員
看護部単位で活動できる
部署単位で活動できる(リーダーシップ)
部署の教育担当者、臨床指導者、救護班登録者(国内救護)
自律して看護活動ができる(部署内)
指導や助言を得ながら看護活動ができる